コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実庵祥参 じつあん しょうさん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実庵祥参 じつあん-しょうさん

?-1467 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。遠江(とおとうみ)(静岡県)海蔵寺物外性応(もつがい-しょうおう)の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にはいり,ついで出羽(でわ)瑞竜院(山形県)の住持となる。のち総持寺にかえった。文正(ぶんしょう)2年1月19日死去。駿河(するが)(静岡県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

実庵祥参の関連キーワード室町時代栽松青牛曹洞

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android