実庵祥参(読み)じつあん しょうさん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実庵祥参 じつあん-しょうさん

?-1467 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。遠江(とおとうみ)(静岡県)海蔵寺物外性応(もつがい-しょうおう)の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にはいり,ついで出羽(でわ)瑞竜院(山形県)の住持となる。のち総持寺にかえった。文正(ぶんしょう)2年1月19日死去。駿河(するが)(静岡県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android