コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂うり

デジタル大辞泉プラスの解説

桂うり

京都府京都市で生産されるウリ。果皮は緑白色、長さ50~60cm、直径15~20cmと大きく、果肉は厚く、歯ごたえがよい。漬物用。江戸時代から栽培が続くウリで、「大越(おおしろ)うり」から選抜・育成したものとされる。京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

桂うり[果菜類]
かつらうり

近畿地方、京都府の地域ブランド。
京都市西京区で生産されている。西京区桂の原産。大越うりのなかから品質の優れた極大型のものを選抜したものが桂うり。江戸時代初期の桂離宮の建設以前から栽培されていたようである。外皮は緑白色。果実は大きくて肉厚、甘み芳香に富む。弾力性があり、歯切れも良いため、古くから奈良漬原料として利用されてきた。京の伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

桂うりの関連キーワード京都府京都市近畿地方

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android