コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂うり

1件 の用語解説(桂うりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

桂うり

京都府京都市で生産されるウリ。果皮は緑白色、長さ50~60cm、直径15~20cmと大きく、果肉は厚く、歯ごたえがよい。漬物用。江戸時代から栽培が続くウリで、「大越(おおしろ)うり」から選抜・育成したものとされる。京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桂うりの関連キーワードあおしまうりかりもりかわずうり京うど黒門青大縞瓜島うり白おくらもぎなすモーウィ山科なす

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桂うりの関連情報