コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂三木助(3代) かつら みきすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂三木助(3代) かつら-みきすけ

1902-1961 大正-昭和時代の落語家。
明治35年3月28日生まれ。春風亭柏枝(6代柳橋)に入門,昭和2年春風亭柳昇の名で真打にすすむ。一時日本舞踊に転じたが,落語界にもどり,25年3代桂三木助を襲名。いなせな江戸前の語り口で「芝浜」などを得意とした。昭和36年1月16日死去。58歳。東京出身。本名は小林七郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桂三木助(3代)の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門新藤兼人朝鮮映画川島雄三鈴木清順久松静児深作欣二マキノ雅広森一生アポロ計画

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android