コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂堂応物 けいどう おうぶつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂堂応物 けいどう-おうぶつ

?-1848 江戸時代後期の僧。
曹洞(そうとう)宗。天叟祖寅(てんそう-そいん)がひらいた越中(富山県)光厳寺の住持を二十余年間つとめる。当時の曹洞宗における碩学(せきがく)といわれた。弘化(こうか)5年2月10日死去。伊勢(いせ)(三重県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桂堂応物の関連キーワード一八四八年の革命三月革命労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオグリルパルツァーコンシデラン

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android