コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂林徳昌 けいりん とくしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂林徳昌 けいりん-とくしょう

1428-? 室町時代の僧。
正長(しょうちょう)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都建仁(けんにん)寺で出家。伯耆(ほうき)(鳥取県)安国寺の和甫斉忍(わほ-さいにん)の法をつぐ。延徳元年建仁寺の住持となった。詩文をよくし,天隠竜沢(てんいん-りゅうたく),清原業忠(なりただ)らと親交があった。「実隆公記」によれば,永正(えいしょう)6年(1509)81歳であったという。別号に蕣闇,青松など。著作に「桂林和尚法語」「史記提要鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桂林徳昌の関連キーワード室町時代正長

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android