コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清原業忠 きよはらの なりただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清原業忠 きよはらの-なりただ

1409-1467 室町時代の儒者。
応永16年生まれ。家学明経(みょうぎょう)道をまなぶ。後花園天皇侍読をつとめ,足利義政らも聴聞し,当代最高の学者と評される。清原家ではじめて生前に従三位をうけ,正三位,大蔵卿にすすんだ。応仁(おうにん)元年4月28日死去。59歳。初名は良宣。号は環翠軒。著作に「永享大饗(えいきょうだいきょう)記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

清原業忠

没年:応仁1.4.28(1467.5.31)
生年:応永16(1409)
室町時代の儒学者。清原家儒学中興の祖。宗業の子,良賢の孫。号は環翠軒。初名良宣。はじめ南朝の尹良親王に属して主水正に任ぜられ,応永34(1427)年尾張津島に移り,一時吉野にもいたが,のちに京都に帰り後花園天皇の侍読として仕え,天下の学者は皆業忠を師とし,清原の学大いに興るといわれた。大膳大夫,大炊頭を経て明経博士に補せられ,内昇殿を許された。次いで従四位上に叙せられ,直講,大外記に任ぜられた。宝徳1(1449)年少納言に任ぜられ,康正1(1455)年6月には家例を破り,生前に従三位に叙せられ昇殿を許された。長禄1(1457)年には大蔵卿に任じ,翌2年正三位に叙せられたが,これを機に剃髪した。法名常忠。その学風は,業忠の講義を聞いた天隠の『論語抄』によると,古注に朱子の新注を加味したものであった。

(山崎誠)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きよはらなりただ【清原業忠】

1409‐67(応永16‐応仁1)
室町中期の学者。父宗業,もと良宣,のち業忠と改名。号環翠軒,法名常忠。明経道を家学とする清原家に生まれ,その学識は高く評価されて〈天下の学者は皆之を師とす〉とまでいわれた。法制にも明るく,明法家の中原・坂上両家が衰微すると彼の学説が重んぜられるようになり,細川勝元の請により初めて貞永式目を講じ,また《貞永式目聞書》を著した。【清田 善樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

清原業忠の関連キーワード本朝書籍目録清原宣賢桂林徳昌式目抄越度儒者

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android