コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂米之助 かつら よねのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂米之助 かつら-よねのすけ

1928-1999 昭和後期-平成時代の落語家。
昭和3年11月8日生まれ。昭和22年4代桂米団治に入門し,米之助を名のる。戦後の上方落語の復興につとめ,47年東大阪市に私費で地域寄席「岩田寄席」をひらく。後進の指導・育成につくし,58年上方お笑い大賞功労賞。平成11年3月5日死去。70歳。大阪出身。本名は矢倉悦夫。著作に「上方落語よもやま草紙」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桂米之助の関連キーワード桂 米団治(4代目)桂 米団治(3代目)桂 文枝(5代目)落語家

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android