コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂路祐 かつら みちすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂路祐 かつら-みちすけ

1836-1891 幕末-明治時代の武士,洋学者。
天保(てんぽう)7年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。長崎で蘭学,航海術をまなぶ。万延元年江戸の蕃書調所にはいり,さらに箱館武田成章(なりあき)に英書をまなぶ。帰藩して文久3年(1863)壬戌丸艦長となり,下関で外国船を砲撃。晩年,萩町長をつとめた。明治24年1月5日死去。56歳。本姓国司。通称は右衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桂路祐の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android