コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃山だいこん

1件 の用語解説(桃山だいこんの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

桃山だいこん

京都府京都市で生産される。根は短く寸胴で、長さ約30cm、直径6~8cmほど。肉質はしまり、主にたくあんに加工される。滋賀の「伊吹山大根」を移したものとも、京都在来の「中堂寺大根」の系列ともいわれる。来歴不詳だが300年程度の栽培の歴史があるとされ、京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桃山だいこんの関連キーワード花菜鶯菜おかぼ桂うり京うど京せりもぎなす山科なす京都府京都市上京区北町京都府京都市上京区西町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone