コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃山だいこん

デジタル大辞泉プラスの解説

桃山だいこん

京都府京都市で生産される。根は短く寸胴で、長さ約30cm、直径6~8cmほど。肉質はしまり、主にたくあんに加工される。滋賀の「伊吹山大根」を移したものとも、京都在来の「中堂寺大根」の系列ともいわれる。来歴不詳だが300年程度の栽培の歴史があるとされ、京都府により「京の伝統野菜」に認定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

桃山だいこん[根菜・土物類]
ももやまだいこん

近畿地方、京都府の地域ブランド。
京都市伏見区で生産されている。来歴は明らかではないが、滋賀県に古くからあった伊吹山大根を、京都市伏見区桃山地区の一部に移して栽培したものという。大亀谷だいこんとも呼ばれた。肉質がしまっている点が特徴。早生系と晩生系がある。沢庵漬物に用いられてきた。食生活の変化にともなって需要が激減し、現在では種子保存用の栽培のみとなっている。京の伝統野菜。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

桃山だいこんの関連キーワード京都府京都市近畿地方

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android