寸胴(読み)ズンド

デジタル大辞泉の解説

ずん‐ど【胴】

[名・形動]
ずんどう(寸胴)1」に同じ。
「淡紅(とき)色の腰巻の下から、―の足が」〈水上大阪の宿
寸(ずん)切り2」に同じ。「寸胴花入れ

ずん‐どう【寸胴】

[名・形動]
上から下まで同じように太いこと。特に、ウエストのくびれがなく、胸から腰にかけての太さが同じであること。また、そのさま。「寸胴なからだ」
寸(ずん)切り2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずんど【寸胴】

( 名 ・形動 )
〔「髄胴」の転か。「寸」は当て字という〕
ずんどう(寸胴)」に同じ。 「 -の壺」
ずんどぎり」の略。

ずんどう【寸胴】

( 名 ・形動 )
上から下まで太さが変わらない・こと(さま)。円筒形。ずんど。 「 -な体型」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ずん‐ど【寸胴】

〘名〙 (「髄胴(ずいどう)」の変化したものか。「髄」は胴中・まん中の意。「寸胴」はあて字か)
① (形動) =ずんどう(寸胴)
多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「お種は直截(ヅンド)の茶壺を取挙げる」
雑俳狐の茶袋‐一(1816)「ずんどにきりし庭の青柳」
人力車夫などが、夏に着た白いはっぴ。

ずん‐どう【寸胴】

〘名〙
① (形動) 腹から腰にかけての太さが同じで、ウエストくびれていないこと。また、上から下までが同じ太さであること。また、そのさま。ずんど。
※落語・王子の幇間(1889)〈三代目三遊亭円遊〉「お庭の容子は銀杏のズン胴が有って青桐と松の古木が並んで」
③ 頭部を一文字に断ち切った形の花器。ずんぎり

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寸胴の関連情報