コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃隠玄朔 とういん げんさく

1件 の用語解説(桃隠玄朔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桃隠玄朔 とういん-げんさく

?-1461 室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。永享(えいきょう)(1429-41)のころ京都妙心寺日峰宗舜(にっぽう-そうしゅん)の法をつぐ。讃岐(さぬき)(香川県)の慈明庵で3年間をすごし,ついで伊勢(いせ)(三重県)の朝倉氏の招きで大樹寺の開山(かいさん)となった。享徳3年隠退。寛正2年死去。京都出身。諡号(しごう)は禅源大沢禅師。著作に「桃隠集」「桃隠禅師語録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

桃隠玄朔の関連キーワード鉄牛惟三宗叔一華心林岐翁紹禎大弁正訥天釈禅弥徳祥正麟無言昌謹藍田素瑛子才清鄴

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone