コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大樹寺 だいじゅじ

5件 の用語解説(大樹寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大樹寺
だいじゅじ

文明7 (1475) 年松平親忠が現在の愛知県岡崎市鴨田町に創建した浄土宗の寺。のち松平 (徳川) 氏の菩提寺となる。天文4 (1535) 年清康によって多宝塔が建てられた。慶長7 (1602) 年徳川家康が六百余石の寺領を寄進して,のち勅願寺となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいじゅ‐じ【大樹寺】

愛知県岡崎市にある浄土宗西山派の寺。山号は成道山。開創は文明7年(1475)、開基は松平親忠。徳川氏の祖、松平家の菩提(ぼだい)寺。為恭寺。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

大樹(だいじゅ)寺

愛知県岡崎市にある寺院。1475年創建。浄土宗。本尊は阿弥陀如来、一光千体阿弥陀如来。松平家の菩提寺。徳川歴代将軍の位牌を祀る。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だいじゅじ【大樹寺】

愛知県岡崎市にある浄土宗の寺。成道山松安院と号する。徳川家康6世の祖である松平氏第4代親忠は,戦死者の亡魂の叫喚の声に日夜悩まされたが,後に知恩院23世の法統をついだ勢誉愚底の7日7夜の念仏に救われ,1475年(文明7)愚底を開山として当寺を建立,以後松平氏8代の菩提所となった。このとき浄土宗の信仰の要(かなめ)を在家に伝える五重相伝(ごじゆうそうでん)を初めて親忠に授けたことから,結縁五重(けちえんごじゆう)の根本道場として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大樹寺
だいじゅじ

愛知県岡崎市鴨田(かもだ)町にある寺。正式名称は大樹公寺。成道山松安院(じょうどうざんしょうあんいん)と号し、浄土宗鎮西派に属する。1475年(文明7)に岡崎城主松平親忠(ちかただ)を開基とし、勢誉愚底(せいよぐてい)を開山として、戦死者の回向(えこう)を弔うために創建された。爾来(じらい)、松平家歴世の菩提(ぼだい)所ならびに祈願所となり、徳川家康もしばしば参詣(さんけい)したという。松平8代の墓と家康の木像および歴代将軍の等身大の位牌(いはい)を安置する。本堂、開山堂、山門など建物の多くは徳川末期に再建されたものであるが、多宝塔は1535年(天文4)の造営で国重要文化財。大方丈には岡田為恭(ためちか)の障壁画(国重要文化財)があり、その他多くの寺宝が毎年8月16~18日に虫干し展覧される。[森 章司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大樹寺の関連キーワード愛知県岡崎市伊賀町愛知県岡崎市岩津町愛知県岡崎市鴨田町愛知県岡崎市菅生町愛知県岡崎市大和町愛知県岡崎市針崎町愛知県岡崎市美合町愛知県岡崎市六名愛知県岡崎市本宿町愛知県岡崎市門前町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大樹寺の関連情報