コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑原北林 くわばら ほくりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑原北林 くわばら-ほくりん

1790-1844 江戸時代後期の儒者。
寛政2年生まれ。生家は武蔵(むさし)児玉郡(埼玉県)の農家。茶や塩をあきなう桑原家の養子となるが,家業をきらい江戸にうつる。朱子学をまなび,私塾をひらく。書もよくした。天保(てんぽう)15年7月24日死去。55歳。明治38年外孫平山成信が詩集「北林遺稿」を刊行。本姓は峰岸。名は灑。字(あざな)は麗水。通称は嘉蔵。別号に蓼注。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桑原北林の関連キーワード儒者

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android