コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑村克久 くわむら かつひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑村克久 くわむら-かつひさ

1694-? 江戸時代中期の装剣金工。
元禄(げんろく)7年生まれ。桑村盛勝の子。後藤派の流れをくみ,桑村彫を創始し象眼を得意とした。「桑村序休六十五歳宝暦八戊寅二月日克久」銘の作品がのこる。加賀(石川県)出身。通称は源左衛門。号は序休。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桑村克久の関連キーワード元禄

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android