コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桔梗笠 ききょうがさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桔梗笠
ききょうがさ

かぶりものの一種で,祭礼や踊りなどにかぶる飾り笠。ききょうの花を伏せた形をしており,各花弁の先端をとがらせ,交互に赤,青,黄などの極彩色を施す。『嬉遊笑覧』に「大神楽打などのこの笠きたるは花形に造れるなり,これは名によりて形を作りしならん」とある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ききょう‐がさ〔キキヤウ‐〕【××笠】

桔梗の花を伏せた形の、先のとがったかぶり笠。青・赤・黄などで彩り、祭りや踊りなどに用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ききょうがさ【桔梗笠】

かぶり笠の一種。青・黄・赤などで彩った、桔梗の花を伏せた形の笠。祭礼などに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone