コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井弥一郎 サクライヤイチロウ

デジタル大辞泉の解説

さくらい‐やいちろう〔さくらゐやイチラウ〕【桜井弥一郎】

[1883~1958]野球選手・指導者。長野の生まれ。慶大野球部の二塁手・投手として活躍。明治36年(1903)初の早慶戦勝利投手となる。のち三田倶楽部(クラブ)の会長となり、実業団野球の選手の養成にも力を注いだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井弥一郎 さくらい-やいちろう

1883-1958 明治-昭和時代の野球選手,指導者。
明治16年12月2日生まれ。慶大の投手,内野手として活躍し,明治37年春,当時最強の一高をやぶる。以後,野球界は一高時代から早慶時代へとうつった。44年慶大初のアメリカ遠征チーム監督となる。のち三田倶楽部(クラブ)会長。昭和33年5月17日死去。74歳。昭和35年野球殿堂入り。長野県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桜井弥一郎の関連キーワード昭和時代宮原 清桜井

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android