コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井弥一郎 サクライヤイチロウ

デジタル大辞泉の解説

さくらい‐やいちろう〔さくらゐやイチラウ〕【桜井弥一郎】

[1883~1958]野球選手・指導者。長野の生まれ。慶大野球部の二塁手・投手として活躍。明治36年(1903)初の早慶戦で勝利投手となる。のち三田倶楽部(クラブ)の会長となり、実業団野球の選手の養成にも力を注いだ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井弥一郎 さくらい-やいちろう

1883-1958 明治-昭和時代の野球選手,指導者。
明治16年12月2日生まれ。慶大の投手,内野手として活躍し,明治37年春,当時最強の一高をやぶる。以後,野球界は一高時代から早慶時代へとうつった。44年慶大初のアメリカ遠征チーム監督となる。のち三田倶楽部(クラブ)会長。昭和33年5月17日死去。74歳。昭和35年野球殿堂入り。長野県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桜井弥一郎の関連キーワード岸信介内閣アルマン条約電気事業テレビドラマ新共和国連合上野山功一モノコックボディ大躍進高田(福岡県)光の科学史

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone