桜井田部胆渟(読み)さくらいのたべの いぬ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井田部胆渟 さくらいのたべの-いぬ

?-587 6世紀の武人。
物部守屋(もののべの-もりや)の部下。用明天皇2年7月守屋がほろぼされた際,河内(かわち)(大阪府)餌香川原(えがのかわら)で戦死。胆渟の飼い犬は主人の遺体が収容されるまでそのそばをはなれなかったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android