コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井田部胆渟 さくらいのたべの いぬ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井田部胆渟 さくらいのたべの-いぬ

?-587 6世紀の武人。
物部守屋(もののべの-もりや)の部下。用明天皇2年7月守屋がほろぼされた際,河内(かわち)(大阪府)餌香川原(えがのかわら)で戦死。胆渟の飼い犬は主人の遺体が収容されるまでそのそばをはなれなかったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桜井田部胆渟の関連キーワード物部守屋武人