コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崇峻天皇 すしゅんてんのう

8件 の用語解説(崇峻天皇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

崇峻天皇
すしゅんてんのう

[生]? 大和
[没]崇峻5(592).11.3. 大和
第 32代の天皇 (在位 587~592) 。名は泊瀬部 (はつせべ) 。欽明天皇の第 12皇子,母は蘇我稲目の娘,蘇我小姉君用明天皇の崩御後,蘇我,物部の対立が激化,蘇我馬子は用明2 (587) 年,物部氏が立てようとしていた穴穂部皇子を殺し,豊御食炊屋姫尊 (推古天皇 ) や群臣とともに泊瀬部皇子を即位させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すしゅん‐てんのう〔‐テンワウ〕【崇峻天皇】

[?~592]第32代の天皇。欽明天皇の皇子。名は泊瀬部(はつせべ)。蘇我馬子(そがのうまこ)に擁立されたが、のち対立して暗殺された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

崇峻天皇【すしゅんてんのう】

欽明(きんめい)天皇皇子。587年兄用明(ようめい)天皇の死後,炊屋(かしきや)姫(推古天皇)や蘇我馬子らに擁立されて即位。宮居は大和の倉梯(くらはし)宮。馬子との確執があり,592年馬子の手先により暗殺。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

崇峻天皇 すしゅんてんのう

?-592 記・紀系譜による第32代天皇。在位587-592。
欽明(きんめい)天皇の第12皇子。母は蘇我小姉君(そがの-おあねのきみ)。政治権力をにぎった大臣蘇我馬子(そがの-うまこ)と対立。崇峻天皇5年11月3日東漢直駒(やまとのあやのあたい-こま)をつかった馬子に暗殺された。墓所は倉梯岡上陵(くらはしのおかのえのみささぎ)(奈良県桜井市)。別名は泊瀬部天皇(はつせべのすめらみこと)。
【格言など】何(いずれ)の時にか此の猪(しし)の頸(くび)を断(き)るが如(ごと)く,朕(わ)が嫌(ねた)しとおもふ所の人を断らむ(「日本書紀」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

崇峻天皇

没年:崇峻5(592)
生年:生年不詳
6世紀後半の天皇。欽明天皇と蘇我稲目の娘小姉君の第5子で,欽明天皇諸子中では12番目。泊瀬部天皇,長谷部若雀命と記される。用明天皇死後,大連である物部守屋が崇峻と同母兄の穴穂部皇子を即位させようとしていることを知った蘇我馬子は穴穂部を殺させ,守屋討滅に向かった。崇峻もその一員に加わり,守屋討滅後,炊屋姫(のちの推古天皇)に推されて,587年即位した。馬子の支援が推察されるが,馬子排除を匂わせる言葉を発し,これを知った馬子は「東国の調」にことよせ,東漢直駒を送って殺害した。任那復興に意欲をみせ,筑紫に兵2万人を送った。

(大平聡)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すしゅんてんのう【崇峻天皇】

?‐592
第32代に数えられる6世紀末の天皇。在位587‐592年。《日本書紀》によれば,欽明天皇の皇子で母は大臣(おおおみ)蘇我稲目の女の小姉君(おあねのきみ),幼名を泊瀬部(はつせべ)皇子といった。587年用明天皇の死後,大臣蘇我馬子は大連(おおむらじ)物部守屋を攻め滅ぼして,その権力を確立すると,敏達皇后の豊御食炊屋姫尊(とよみけかしぎやひめのみこと)(推古天皇)らとともに,泊瀬部皇子を推して即位させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すしゅんてんのう【崇峻天皇】

?~592) 記紀で第三二代天皇の漢風諡号しごう。名は泊瀬部はつせべ。欽明天皇の皇子。穴穂部皇子と対抗、蘇我氏に擁立された。のち蘇我馬子によって暗殺された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

崇峻天皇
すしゅんてんのう
(?―592)

記紀の皇室系譜では第32代の天皇。欽明(きんめい)天皇の皇子で、母は小姉君(こあねのきみ)(蘇我稲目(そがのいなめ)の娘)。泊瀬部(はつせべ)天皇(『日本書紀』)、長谷部若雀(はつせべわかさざき)天皇(『古事記』)、倉橋(くらはし)天皇(『法王帝説』)ともよぶ。倉梯(くらはし)(奈良県桜井市倉橋)に宮居したと伝え、この天皇の代に百済(くだら)から僧恵総(えそう)らが渡来し、また寺工、鑪盤博士(ろばんはかせ)、瓦(かわら)博士、画工らが来朝した。また蘇我氏は法興寺を588年(崇峻天皇1)に造営し始めたという。591年、朝鮮半島の情勢変化に対応しようとして北九州に大軍を集結させたが、592年11月、蘇我馬子(うまこ)は東漢直駒(やまとのあやのあたいこま)に命じて天皇を暗殺させた。陵墓は倉梯岡上(くらはしのおかのうえ)陵(桜井市倉橋)とする。[上田正昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

崇峻天皇の関連キーワード崇峻天皇ポンド女性産婦人科医ベルギーの原発慧遠飛鳥時代淡路島水銀推古天皇崇峻天皇

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

崇峻天皇の関連情報