桜井静(読み)さくらい しずか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井静 さくらい-しずか

1857-1905 明治時代の政治家。
安政4年10月生まれ。明治12年「国会開設懇請協議案」を各府県会に送付し,14年「総房共立新聞」を創刊。北海道で造林・開墾事業に従事し,ついで大連で桜井組を経営。千葉県会議員をへて,35年衆議院議員(当選2回,憲政本党)。明治38年8月25日死去。49歳。下総(しもうさ)香取郡東条村(千葉県)出身。旧姓吉川

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android