コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅屋勘兵衛 うめやかんべえ

世界大百科事典 第2版の解説

うめやかんべえ【梅屋勘兵衛】

歌舞伎囃子方。3世を数える。17世紀半ば(慶安年間)ころ,静岡で宿屋を営業していた梅屋勘兵衛の子孫といわれている。囃子方望月流の傍系囃子方としての初世,2世は不詳であるが,18世紀後半(明和年間末から安永初期)に森田座に出演していた小鼓打ちの初代梅屋平吉の本名が勘兵衛であるという説がある。3世(1882‐1951)は初世梅屋勝次郎の門弟で,前名2世勝次郎。1914年9月より長唄研精会で鼓方として活躍する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

梅屋勘兵衛の関連キーワード梅屋 勘兵衛(3代目)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android