コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅屋勘兵衛 うめやかんべえ

1件 の用語解説(梅屋勘兵衛の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うめやかんべえ【梅屋勘兵衛】

歌舞伎囃子方。3世を数える。17世紀半ば(慶安年間)ころ,静岡で宿屋を営業していた梅屋勘兵衛の子孫といわれている。囃子方望月流の傍系。囃子方としての初世,2世は不詳であるが,18世紀後半(明和年間末から安永初期)に森田座に出演していた小鼓打ちの初代梅屋平吉の本名が勘兵衛であるという説がある。3世(1882‐1951)は初世梅屋勝次郎の門弟で,前名2世勝次郎。1914年9月より長唄研精会で鼓方として活躍する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone