コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅村騒動 うめむらそうどう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梅村騒動
うめむらそうどう

1869年(明治2)2~3月に高山(たかやま)県(現岐阜県)で起こった新政反対一揆(いっき)。知事梅村速水(はやみ)(1842―70、水戸藩出身)は、「皇化愛民」を掲げて、勧農商、租税、教育、兵事などにわたる新政策を強引に打ち出した。この諸政策は、豪農商の特権の侵害、農民の負担の増大をもたらした。その不満の累積が2月29日ついに爆発し、高山町(現高山市)で数千人が結集して激しい打毀(うちこわし)、焼打ちとなり、さらに飛騨(ひだ)一帯に波及した。3月2日にいったん鎮静したが、3月10日にはふたたび爆発し、益田(ました)郡萩原(はぎわら)村(現下呂(げろ)市萩原町)で梅村の宿舎の焼打ちを含む激しい戦闘が展開され、12日にようやく鎮圧された。この間、約400軒が焼打ち、打毀の被害を受けた。政府は梅村らを罷免してその責任を追及する一方、一揆側の首謀者の処分を行って、一件は落着した。この騒動は、新政反対一揆としては早期に属し、その先駆をなすものである。[近藤哲生]
『土屋喬雄・小野道雄編著『明治初年農民騒擾録』(1953・勁草書房) ▽『岐阜県史 通史編 近代 下』(1972・岐阜県) ▽佐々木潤之介編『日本民衆の歴史5 世直し』(1974・三省堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の梅村騒動の言及

【飛驒国】より

…はじめ美濃の笠松裁判所(次いで笠松県)管下の一部に編入されるが,同年5月飛驒県設置,翌月には高山県と改称された。初代知県事梅村速水の急進的な改革の失敗により,翌69年2月から3月にかけ大原騒動とならぶ一国規模の百姓一揆(梅村騒動)が起こり,梅村知県事は銃撃を受けて京都に退去を余儀なくされている。この後71年,高山県は信濃の筑摩県に編入,76年に及んで岐阜県の管轄となった。…

※「梅村騒動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梅村騒動の関連キーワード土屋喬雄梅村速水富田礼彦飛騨国

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android