類船集(読み)るいせんしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

るいせんしゅう【類船集】

俳諧付合(つけあい)語集。梅盛(ばいせい)著。1676年(延宝4)刊。見出し語2700余をいろは順に配列し,語の下に付合語を列挙,ほとんどの項目に説明文を付している。たとえば,〈狩衣〉には〈行平帰洛,舞姫,猿楽神子,やすらひ花,禰宜(ねぎ),杜若(かきつばた)の能,白拍子,蛇〉の付合語が挙げられ,さらに〈狩衣のすそをきりて歌をかきてやるとなり。頼朝の富士のゝ供(とも)はみなかりぎぬ也。とうとうたらりとうたふは太夫狩衣を着する也。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android