梨の礫(読み)ナシノツブテ

デジタル大辞泉の解説

梨(なし)の礫(つぶて)

投げられたのように、便りをやったのに返事のないこと。「梨」は「無し」に掛けたもの。「いくら使いをやっても梨の礫だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

なし【梨】 の 礫(つぶて)

音沙汰のないこと。音信のないこと。投げた礫(つぶて)はかえらないところから、「梨」を「無し」にかけて語呂を合わせていう。「なしの礫もない」の形で、意味をさらに強めていう。
※歌舞伎・東山殿劇場段幕(1818)序幕「便々だらりと待ってゐるに、今日まで梨(ナシ)の礫(ツブテ)もないワ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報