無音(読み)ブイン

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐いん【無音】

久しく便りをしないこと。音信がとだえること。無沙汰(ぶさた)。「御無音に打ち過ぎ申し訳ございません」
しかるべきあいさつや、ことわりのないこと。
「―に乱入の条、甚だ謂(いはれ)なし」〈保元・中〉
黙っていること。無言。
「今や物言ひ懸くる、と待ちけるに、―に過ぐれば」〈今昔・二七・一三〉

む‐おん【無音】

音がしないこと。音が聞こえないこと。「無音室」「無音ピアノ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶいん【無音】

( 名 ) スル
長い間、音沙汰おとさたのないこと。無沙汰。 「長らく御-いたしました」 「渠かれは久しく-せる友人を訪ひし也/欺かざるの記 独歩
しかるべき挨拶のないこと。 「 -に乱入の条甚謂なし/保元
黙っていること。 「今や物云ひ懸と待けるに、-に過れば/今昔 27

むおん【無音】

音が聞こえないこと。音が出ないこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶ‐いん【無音】

〘名〙
① 挨拶をしないこと。ことわりもなく行なうこと。ひそかにすること。
※後二師通記‐康和元年(1099)五月一八日「仲宗妻姉妹二人従類等、無上洛」
② 久しく音信をしないこと。
※今昔(1120頃か)二「今や返すと待に无音也」
③ 発言しないこと。隠して言わないこと。無言。
※今昔(1120頃か)二七「今や物云ひ懸と待けるに、无音に過れば」
④ 不調法。不行届。失礼。
※浄瑠璃・加増曾我(1706頃)一「幼な顔を見違へし、ぶいんは御免と色代有」

む‐おん【無音】

〘名〙 音がしないこと。音が聞こえないこと。〔英和外交商業字彙(1900)〕 〔淮南子‐原道訓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無音の関連情報