コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無音 ブイン

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐いん【無音】

久しく便りをしないこと。音信がとだえること。無沙汰(ぶさた)。「御無音に打ち過ぎ申し訳ございません」
しかるべきあいさつや、ことわりのないこと。
「―に乱入の条、甚だ謂(いはれ)なし」〈保元・中〉
黙っていること。無言。
「今や物言ひ懸くる、と待ちけるに、―に過ぐれば」〈今昔・二七・一三〉

む‐おん【無音】

音がしないこと。音が聞こえないこと。「無音室」「無音ピアノ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶいん【無音】

( 名 ) スル
長い間、音沙汰おとさたのないこと。無沙汰。 「長らく御-いたしました」 「渠かれは久しく-せる友人を訪ひし也/欺かざるの記 独歩
しかるべき挨拶のないこと。 「 -に乱入の条甚謂なし/保元
黙っていること。 「今や物云ひ懸と待けるに、-に過れば/今昔 27

むおん【無音】

音が聞こえないこと。音が出ないこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無音の関連キーワードニコライ(Carsten Nicolai)ノイズ・ゲート[noise gate]beeCam EasyShot打ち過ぎる・打過ぎるCameraNextギャップレス再生トーキー(映画)無沙汰・不沙汰渡辺 文三郎タイプライタ静音パソコンリードアウトウィグマン炭化水素基アルデヒドバイオリンサイレント渡辺文三郎ナイロン打過ぎる

無音の関連情報