コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無音 ブイン

4件 の用語解説(無音の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐いん【無音】

久しく便りをしないこと。音信がとだえること。無沙汰(ぶさた)。「御無音に打ち過ぎ申し訳ございません」
しかるべきあいさつや、ことわりのないこと。
「―に乱入の条、甚だ謂(いはれ)なし」〈保元・中〉
黙っていること。無言。
「今や物言ひ懸くる、と待ちけるに、―に過ぐれば」〈今昔・二七・一三〉

む‐おん【無音】

音がしないこと。音が聞こえないこと。「無音室」「無音ピアノ」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶいん【無音】

( 名 ) スル
長い間、音沙汰おとさたのないこと。無沙汰。 「長らく御-いたしました」 「渠かれは久しく-せる友人を訪ひし也/欺かざるの記 独歩
しかるべき挨拶のないこと。 「 -に乱入の条甚謂なし/保元
黙っていること。 「今や物云ひ懸と待けるに、-に過れば/今昔 27

むおん【無音】

音が聞こえないこと。音が出ないこと。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無音の関連情報