コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梵灯庵主 ぼんとうあんしゅ

世界大百科事典 第2版の解説

ぼんとうあんしゅ【梵灯庵主】

1349(正平4∥貞和5)‐?
室町前期の連歌師。俗名は朝山師綱(もろつな)。朝山梵灯庵ともいう。歴代足利氏の家臣。連歌を二条良基(よしもと)に学び,1385年(元中2∥至徳2)《石山百韻》に参加。40歳代半ばに出家。九州,関東,東北地方に行脚,60歳前後に足利義持の命で帰洛。周阿・良基亡きあと連歌界の中心となり,次の宗砌(そうぜい)・心敬(しんけい)らが活躍する七賢時代への橋渡し役をなした。〈花に過ぎもみぢにとをし梅の雨〉(宗砌《初心求詠集》)など機知の句が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梵灯庵主の関連キーワード梵灯庵・梵燈庵蜷川智蘊梵灯持政

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android