コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴崎 つるさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴崎
つるさき

大分県中東部,大分市の北東部,大野川河口左岸にある市街地。旧市名。 1949年市制,1963年大分市と合体。江戸時代熊本藩領飛び地の政治中心地および港町として繁栄した。 1939年染料,医薬品関係の化学工場が立地,第2次世界大戦後はパルプ製紙工場が進出した。 1964年以降は新産業都市に指定され,広大な埋立地に,鉄鋼石油化学コンビナートが造成され,大分市の工業中核地区を形成。都市化が進んだ一方で,空気汚染が問題となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

鶴崎【つるさき】

大分県大分市東部地区。1954年市制の旧市で,1963年大分市に編入。市街地は大野川三角州上にあり,日豊本線が通じる。1925年染料工場の設置後工業地化,製紙・パルプ工場も立地,1959年以後別府湾岸の埋立が始まり,製油所火力発電所などが進出,大分新産業都市の中核になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つるさき【鶴崎】

豊後国(大分県)の港町。1601年(慶長6)肥後国熊本城主加藤清正が瀬戸内への通路として豊後に2万3000石の領地を得たのにともない,熊本藩領となる。32年(寛永9)からは細川氏の支配下となり,幕末に至る。大野川河口のデルタに位置し,熊本藩主の参勤交代豊後領分の年貢米積出しの拠点となり,熊本藩では1756年(宝暦6)より準町とした。町支配の責任者として番代がおかれ,参勤交代に関する役人としては船頭頭の下に船頭・加子が,また御座船波奈之(なみなし)丸・鳳麟丸等の修営のため作事所が設けられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つるさき【鶴崎】

大分市東部の地名。旧鶴崎市。別府湾に臨み、埋め立て地は工業地域。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕鶴崎(つるさき)


大分市東部の工業地区。伊予灘(いよなだ)および別府(べっぷ)湾に面する。江戸時代を通じて熊本藩領。大野(おおの)川が瀬戸内海に流れ出る河口港として栄えた。旧鶴崎市は1963年(昭和38)大分市に編入され、直後に大分市域は新産業都市に指定され、埋め立て地に精油・鉄鋼・石油化学工場や火力発電所が進出、一大臨海工業地域を形成した。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴崎
つるさき

大分県中部、大分市の一地区。大野川三角州の一部を占める。旧鶴崎市。地名は戦国末期にみえ、1601年(慶長6)熊本藩領となり、小城下町を形成、河海交通の要地としても繁栄した。明治以後は大野川下流地方の小商業中心にとどまった。1925年(大正14)染料工業、1964年(昭和39)以降製油、重油発電、石油化学工業が立地、大分新産業都市の一部をなす。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鶴崎の関連キーワード鉄鋼化学コンビナート橘 旭翁(1代目)大分臨海工業地域大分県大分市鶴崎橘 旭翁(初代)橘旭翁(初代)橘旭翁(1世)鶴崎海陸運輸メクラグモ末光 源蔵大分[市]ザトウムシ古荘 嘉門久住[町]阿蘇[町]鶴崎 賢定小野惟一郎鶴崎おどり大分平野豊後街道

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶴崎の関連情報