梶木・旗魚(読み)かじき

精選版 日本国語大辞典「梶木・旗魚」の解説

かじ‐き かぢ‥【梶木・旗魚】

〘名〙 メカジキ科とマカジキ科の硬骨魚の総称。多くは体長約二メートルを越える。マグロに似ているが、上あごが剣状に長くのび、下あごもやや突きでている。刺身、照焼きなどにして食用にされる。熱帯、温帯の外洋に分布し、マカジキ、メカジキ、シロカジキ、クロカジキ、バショウカジキなどがある。かじきまぐろ。かじきとおし。かじとおし。おらぎ。《季・冬》
※仰臥漫録(1901‐02)〈正岡子規〉一「午 かじきのさしみ 粥三わん みそ汁 実は茄子 なら漬 林檎一ケ半」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android