棒手振り(読み)ボウテフリ

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐てふり【棒手振り】

ぼてふり」に同じ。
「出替り時までは、わづかの―なりとも致されよ」〈浮・二十不孝・五〉

ぼてい‐ふり【手振り】

ぼてふり」に同じ。
「松の内もも立ちで来る―」〈柳多留・一〇〉

ぼて‐ふり【棒手振り】

《「ぼうてふり」の音変化》魚・青物などを、てんびん棒でかついで売り歩くこと。また、その人。棒商い。振り売り。ぼていふり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうてふり【棒手振り】

ぼてふり【棒手振り】

魚や野菜などを天秤棒で担ぎ、売り声を上げながら売り歩くこと。また、その人。江戸では、特に魚市場と料理屋の仲立ちとなって魚の売買をする人をいった。振り売り。ぼてかつぎ。ぼうてふり。ぼて。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

棒手振り
ぼてふり

商品を天秤棒(てんびんぼう)で担いだりして売り歩くこと。また、その商人をいう。近距離・小規模の行商である。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android