コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棒手振り ボウテフリ

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐てふり【棒手振り】

ぼてふり」に同じ。
「出替り時までは、わづかの―なりとも致されよ」〈浮・二十不孝・五〉

ぼてい‐ふり【手振り】

ぼてふり」に同じ。
「松の内もも立ちで来る―」〈柳多留・一〇〉

ぼて‐ふり【棒手振り】

《「ぼうてふり」の音変化》魚・青物などを、てんびん棒でかついで売り歩くこと。また、その人。棒商い。振り売り。ぼていふり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうてふり【棒手振り】

ぼてふり【棒手振り】

魚や野菜などを天秤棒で担ぎ、売り声を上げながら売り歩くこと。また、その人。江戸では、特に魚市場と料理屋の仲立ちとなって魚の売買をする人をいった。振り売り。ぼてかつぎ。ぼうてふり。ぼて。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

棒手振り
ぼてふり

商品を天秤棒(てんびんぼう)で担いだりして売り歩くこと。また、その商人をいう。近距離・小規模の行商である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

棒手振りの関連キーワード出替り魚市場仲立ち棒手振

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android