コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棗荘 そうそう

百科事典マイペディアの解説

棗荘【そうそう】

中国,山東省南部,微山湖の東,江蘇省に隣接する都市。石炭を中心とする重工業都市で,耐火煉瓦,陶磁器なども産する。1960年市が設立された際,津浦鉄路(天津〜浦口)が通過する西部の薛城県の一部までの区域を市域に編入した。
→関連項目台児荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

棗荘
そうそう / ツァオチュワン

中国、山東(さんとう)省南部の地級市。山東中部山地の南麓にあり、南は江蘇(こうそ)省に接する。人口401万3000(2014)。5市轄区を管轄し、1県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。市中部の(えきじょう)や斉村付近には広大な棗荘炭田があり、強粘結炭を産出し、製鉄用の原料炭として武漢(ぶかん)や上海(シャンハイ)に移出している。ナツメ、ザクロの栽培が盛ん。済寧(さいねい)や江蘇省徐州(じょしゅう)方面への自動車道のほか、市西部の薛城(せつじょう)で京滬(けいこ)線の支線、棗臨線(棗荘―臨沂(りんぎ))が通じる。市の南では大運河が横切り、13世紀後半、航運開始後、市南東部の台児荘(たいじそう)は南北の物資交流センターとして発展した。[駒井正一・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

棗荘の関連キーワードシャントン(山東)省ツァオチョワン山東(省)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android