コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨沂 りんぎ Lín yí

2件 の用語解説(臨沂の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りんぎ【臨沂 Lín yí】

中国,山東省南部の都市。人口171万(1994)。沂山に源をもつ沂水(河)に臨むゆえに名づけられた。山東丘陵の南,沂水,水(ほうすい)(祊河),沭河(じゆつが)等のつくる平野の中心にあり,南の淮北(わいほく)平野とつらなる斉魯地域の南の門戸の位置にある。南方より斉魯に侵入する際の必争の地であり,また北方より南方を攻略する際の要衝であった。春秋時代の呉・越,南朝の宋,明の朱元璋(洪武帝)等が北方へ進出する際の経路であり,また宋・金が争ったときの要地となり,近代においては,南下する日本軍に対し中国軍の抵抗拠点が設けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臨沂
りんぎ / リンイー

中国、山東省南部の市。臨沂地区級市の中心地で、臨沂地区級市は蒼山(そうざん)、沂水(ぎすい)など9県を管轄する。人口1001万3756、市轄区人口182万8917(2000)。市は魯中(ろちゅう)山地の南東麓(ろく)、沂河(ぎが)の沿岸に位置する。小麦、大豆、ラッカセイを栽培するほか柞蚕(さくさん)が盛んである。炭田が分布し粘結炭を産出する。山東省南部の交通の中心地で、自動車道が四通する。1972年市内の銀雀山(ぎんじゃくざん)にある西漢墓から『孫子兵法』など秦(しん)・漢以前の書籍が竹簡の形で発見された。[駒井正一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臨沂の関連キーワードコルドバ山東邯鄲アグラ煙台曲阜淄博芝罘臨淄ナグプル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臨沂の関連情報