コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨沂 りんぎLín yí

世界大百科事典 第2版の解説

りんぎ【臨沂 Lín yí】

中国,山東省南部の都市。人口171万(1994)。沂山に源をもつ沂水(河)に臨むゆえに名づけられた。山東丘陵の南,沂水,水(ほうすい)(祊河),沭河(じゆつが)等のつくる平野の中心にあり,南の淮北(わいほく)平野とつらなる斉魯地域の南の門戸の位置にある。南方より斉魯に侵入する際の必争の地であり,また北方より南方を攻略する際の要衝であった。春秋時代の呉・越,南朝の宋,明の朱元璋(洪武帝)等が北方へ進出する際の経路であり,また宋・金が争ったときの要地となり,近代においては,南下する日本軍に対し中国軍の抵抗拠点が設けられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臨沂
りんぎ / リンイー

中国、山東(さんとう)省南部の地級市。3市轄区、沂水(ぎすい)など9県を管轄する(2016年時点)。人口1113万2000(2014)。市は魯中(ろちゅう)山地の南東麓、沂河(ぎが)の沿岸に位置する。小麦、大豆、ラッカセイを栽培するほか柞蚕糸(さくさんし)の生産が盛んである。炭田が分布し粘結炭を産出する。山東省南部の交通の中心地で、自動車道が四通し、(えんせき)線(州―石臼(せききゅう))、膠新(こうしん)線(膠州―新沂(しんぎ))が交わる。
 1972年市内の銀雀山漢墓(ぎんじゃくざんかんぼ)から『孫子(そんし)』など秦(しん)・漢以前の書籍が竹簡の形で発見された。[駒井正一・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

臨沂の関連キーワード竹簡・木簡顔延之顔之推王献之顔真卿顔杲卿尉繚子王羲之劉洪棗荘孫子王褒王戎琅邪王敦王融

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android