コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森の歌

2件 の用語解説(森の歌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

森の歌

旧ソ連の作曲家ドミトリー・ショスタコーヴィチのオラトリオ(1949)。旧ソ連当局から受けた芸術家批判に対し、スターリンが進めていた植林事業を称えるオラトリオを作曲し、地位と名誉の回復に努めた。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森の歌
もりのうた
Песнь о лесах Pesn' o lesah

ロシアのショスタコビチが1949年に作曲したオラトリオ(作品81)。歌詞は詩人エフゲニー・ドルマトフスキーで、7曲からなる。演奏にはテノールとバスの独唱、児童合唱、混声合唱および管弦楽を要する。作曲者自身の自然に対する深い愛着が、国家の推進する大規模な植林事業というテーマと結び付いて生み出された作品で、全曲を通してロシア民謡『鶯(うぐいす)は静かに幸せの歌をうたう』の旋律が骨格として用いられ、平易な技巧でかつてのソ連社会主義国家の建設に励む国民の姿が描かれている。当時の社会主義リアリズムの立場からは圧倒的な称賛を得たが、スターリン批判以後は歌詞に若干の修正が加えられた。作曲の年にレニングラード(サンクト・ペテルブルグ)で初演された。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森の歌の関連キーワードレニングラードショスタコビチドミトリー死者の歌1905年1917年ムツェンスク郡のマクベス夫人ショスタコーヴィチ:ピアノ・ソナタ 第1番/piano soloショスタコーヴィチミャスコフスキ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森の歌の関連情報