コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森二鳳 もり じほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森二鳳 もり-じほう

1818-1891 江戸後期-明治時代の日本画家。
文政元年生まれ。森一鳳(いっぽう)の養子。円山派の画法をまなぶ。諸国を遊歴,維新後は大阪,堺にすみ,人力車浮世絵をえがいて生活。明治23年東京博覧会において皇太后の面前で揮毫(きごう)した。門人望月金鳳(きんぽう)。明治24年1月12日死去。74歳。京都出身。本姓は滋賀。名は良。字(あざな)は士綱。通称は範三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

森二鳳の関連キーワード望月 金鳳吉村鳳柳明治時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android