コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林法 しんりんほう

5件 の用語解説(森林法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森林法
しんりんほう

昭和 26年法律 249号。森林に関する基本を定めた法律。森林計画,保安林,森林組合などを中心にし,森林の保続培養と森林生産力の増進をはかるとともに,国土の保全を目的としている。 1907年の法律が第2次世界大戦後,全面改正された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんりん‐ほう〔‐ハフ〕【森林法】

森林の保護・培養と森林生産力の増進に関する基本的事項を規定する法律。昭和26年(1951)施行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

森林法【しんりんほう】

森林生産力向上を目的とした森林行政の基本法(1951年)。林業基本法基本計画と長期見通しに即した森林計画の樹立,保安林・保安施設地区の指定,施業・測量のための他人の土地使用,森林審議会などについて規定。
→関連項目公有林小繋事件失火罪

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんりんほう【森林法】

森林の保続培養と森林生産の増進とを目的として,森林計画,保安林,その他の森林に関する基本的事項を定めた法律。1951年公布。明治政府は,1869年(明治2)の版籍奉還により諸藩所領の直轄林野を官林に編入したが,その後,76年の地租改正事務局議定〈山林原野官民所有区別派出官員心得書〉によって,反証のないかぎり官民有未定の林野をすべて官有と推定する林野の大量官地編入政策が実施され,明治20年代には官林の取締りがしだいに厳しくなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森林法
しんりんほう

森林の管理や森林資源の保続および森林生産力の増進に関する基本的事項を規定する法律。昭和26年法律第249号。林業に関する政策目標と、その基本的施策については、別に森林・林業基本法(昭和39年法律第161号)が制定されている。[笠原義人]

沿革

わが国では1897年(明治30)に初めて森林法が制定されたが、このときは公有林(市町村林、村落有林)と社寺林の監督、保安林制度、森林犯罪に関する規定にとどまり、1907年(明治40)の一部改正で公有林野の監督強化と民有林全般の開発を目的とする土地使用権の設定や森林組合制度が創設された。さらに1939年(昭和14)の大改正では、森林所有者の施業案編成義務と森林組合の強制設立が規定され、戦時下の民有林統制が法的に明確となった。
 第二次世界大戦後、1951年(昭和26)には森林法が全面的に改正され、手続上は旧森林法を廃し、新たに現行森林法が公布される形がとられた。この改正では森林計画制度が採用され、森林組合は協同組合組織へ改組された。なお、1978年に森林組合法が成立し、森林法下の森林組合規定は削除となった。[笠原義人]

現行法の主要規定

現行の森林法の中心をなすものは、森林計画制度である。これは、資源保続のため国の責任において森林計画をたて、計画実施に必要な植栽などの施業を森林所有者に義務づけるものである。全国森林計画、地域森林計画に基づいて森林所有者が1人または共同でその所有林について5年を1期とする森林施業計画を作成し、知事の認可を受ける。計画作成は強制されるものではないが、認可を受けて施業していれば、税制や補助・融資などで優遇される。
 また、森林法は、必要があれば森林を保安林に指定できるとしているが、現在森林ではない土地であっても、国土荒廃予防、局所危険防止の目的を達するため国が造林事業または森林土木事業を行う保安施設地区として指定することを認めている。この地区に指定された土地は保安林と同様に、開墾その他土地の形質を変更する行為が制限される。保安施設地区指定の期間(7年以内)満了のとき森林であるものは自動的に保安林に編入される。
 なお、森林窃盗、森林放火・失火などは、一般刑法から外して、森林法の特別刑法によって処罰されることになっている。[笠原義人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の森林法の言及

【自然保護】より

…1918公布。63年改正までは狩猟法といった)による狩猟鳥獣の指定,鳥獣保護区,森林法(1907年公布の旧法を全面的に改め51年に公布)による各種保安林,国有林野における学術参考林などがある。しかし,いずれも自然保護にかかわる直接的な規制とはいえなかった。…

【森林組合】より

…1907年森林法改正のときに制度化された森林所有者の団体。森林法は1897年にはじめて制定されたが,それは二つの柱から成り立っていた。…

【林業政策】より

…このバランスをとりながら両立させるために加える国の行政上の干渉,監督を林業政策という。〈伐る〉ことと〈伐らない〉こととが不可分であるとの理念の具体的な方策を示しているのは森林法である。 日本ではじめて森林法が制定されたのは1897年であったが,それ以前にも政策の方向は示唆されていた。…

※「森林法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

森林法の関連キーワードコッタ森林生態学森林環境教育森林施業(施業)森林のもつ多面的機能保護林制度流域森林・林業活性化センターレクリエーションの森森林レクリエーション施設森林計画面積

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

森林法の関連情報