森淸(読み)もりきよし(英語表記)Mori Kiyoshi

図書館情報学用語辞典の解説

森淸

1906(明治39)-1990(平成2).大阪府出身.日本十進分類法,日本著者記号表の考案者.大阪市立実業学校卒業後,ローマ字国字化運動への参加を機縁として間宮不二雄の誘いで間宮商店に就職した.青年図書館員聯盟に参加し,同店の資料整理から日本十進分類法を考案,1929(大正4)年に間宮商店より刊行した.1930(昭和5)年退職後,鳥取県立図書館,神戸市立図書館を経て1938(昭和13)年上海日本近代科学図書館,華中鉄道へ移った.1947(昭和22)年に国立国会図書館に勤め,1972(昭和47)年まで整理業務を担当.その後,法政大学教授,青葉学園短期大学教授.私立短期大学図書館協議会設立に尽力し初代会長.日本図書館協会で日本十進分類法改訂の委員を務め,6版から8版を担当した.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android