森田曠平(読み)もりた こうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森田曠平 もりた-こうへい

1916-1994 昭和-平成時代の日本画家。
大正5年4月17日生まれ。母方の祖父森田茂の養子となる。安田靫彦(ゆきひこ)に師事。院展に作品を発表し,昭和43年「桜川」が日本美術院賞,48年「京へ」が内閣総理大臣賞。歴史や物語を題材にした人物画にすぐれた。平成6年12月29日死去。78歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android