森竹竹市(読み)もりたけ たけいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「森竹竹市」の解説

森竹竹市 もりたけ-たけいち

1902-1976 昭和時代の詩人
明治35年2月23日生まれ。北海道白老(しらおい)の人。国鉄職員をへて郷里漁業や食堂経営にたずさわる。昭和12年詩集「原始林」を自費出版,うばわれてゆくアイヌ民族固有の生活をうたった。北海道ウタリ協会顧問,白老民俗資料館長。昭和51年8月3日死去。74歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android