コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森繁子 もり しげきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森繁子 もり-しげきこ

1718-1796 江戸時代中期の歌人。
享保(きょうほう)3年生まれ。森暉昌(てるまさ)の次女。はじめ神職で荷田春満(かだの-あずままろ)の門人の父に,のち賀茂真淵(かもの-まぶち)にまなぶ。遠江(とおとうみ)(静岡県)鎌田明神の神職袴田為寿(ためかず)を婿にむかえた。寛政8年7月6日死去。79歳。遠江出身。名ははん,磐子。家集に「玉かしは」。
【格言など】みそぎすとあらたまがはにぬさとればきべのはやしにすずかぜぞふく(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

森繁子の関連キーワード繁子