コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植月重佐 うえつき しげすけ

1件 の用語解説(植月重佐の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植月重佐 うえつき-しげすけ

?-1333 鎌倉時代の武将。
美作(みまさか)(岡山県)勝田郡植月の宮山城主。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年後醍醐(ごだいご)天皇の挙兵に応じ,赤松則村(のりむら)にしたがって京都で幕府軍とたたかい,4月3日討ち死にした。通称は彦五郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

植月重佐の関連キーワード建武新政赤橋英時赤橋守時安達時顕有元佐弘大仏貞直金沢貞将菊池武時北条茂時北条高家

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone