コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村家次 うえむら いえつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村家次 うえむら-いえつぐ

1567-1599 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)10年生まれ。植村家存(いえさだ)の子。徳川家康の家臣。天正(てんしょう)7年徳川信康につかえ,信康の切腹後流浪の身となる。のち榊原康政の推挙で,上野(こうずけ)(群馬県)邑楽(おうら)郡に500石の領地をあたえられた。慶長4年10月11日死去。33歳。通称は新六郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

植村家次の関連キーワード植村家政

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android