コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村諦 うえむら たい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村諦 うえむら-たい

1903-1959 昭和時代の詩人。
明治36年8月6日生まれ。水平社運動,朝鮮独立運動にかかわる。のち秋山清らとアナーキズム系の詩誌「弾道」「文学通信」を編集。昭和10年検挙される。戦後は「コスモス」「日本未来派」同人。昭和34年7月1日死去。55歳。奈良県出身。仏教専門学校(現仏教大)卒。本名は諦聞(たいもん)。詩集に「異邦人」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

植村諦の関連キーワード池田 克己昭和時代詩人

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android