植村諦(読み)うえむら たい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村諦 うえむら-たい

1903-1959 昭和時代の詩人。
明治36年8月6日生まれ。水平社運動,朝鮮独立運動にかかわる。のち秋山清らとアナーキズム系の詩誌「弾道」「文学通信」を編集。昭和10年検挙される。戦後は「コスモス」「日本未来派」同人。昭和34年7月1日死去。55歳。奈良県出身。仏教専門学校(現仏教大)卒。本名は諦聞(たいもん)。詩集に「異邦人」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android