コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村諦 うえむら たい

1件 の用語解説(植村諦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村諦 うえむら-たい

1903-1959 昭和時代の詩人。
明治36年8月6日生まれ。水平社運動,朝鮮独立運動にかかわる。のち秋山清らとアナーキズム系の詩誌「弾道」「文学通信」を編集。昭和10年検挙される。戦後は「コスモス」「日本未来派」同人。昭和34年7月1日死去。55歳。奈良県出身。仏教専門学校(現仏教大)卒。本名は諦聞(たいもん)。詩集に「異邦人」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

植村諦の関連キーワード杜詩上田敏雄江森盛弥緒方昇加藤一夫木村好子近藤東沢ゆきぬやま ひろし正富汪洋

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone