椎原国幹(読み)しいはら くにもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

椎原国幹 しいはら-くにもと

1820-1899 江戸後期-明治時代の武士,教育者。
文政3年生まれ。西郷隆盛の叔父。薩摩(さつま)鹿児島藩士。西南戦争では西郷軍に参加,58歳の高齢で五番大隊大小荷駄隊長をつとめる。宮崎県延岡で投降し,懲役2年の刑をうけ服役。のち公立鹿児島学校長をへて,島津忠済(ただなり)の家令となる。明治32年10月26日死去。80歳。通称は与右衛門。号は厚助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android