検定試験(読み)けんていしけん

精選版 日本国語大辞典「検定試験」の解説

けんてい‐しけん【検定試験】

〘名〙
① 特定の資格を与えるために必要な知識、技術、学力等を検査する試験。
※国民新聞‐明治三四年(1901)九月一五日「或は検定試験を行ひ只管資格者養成に力を尽くし」
② 旧制度の中学校、師範学校、高等女学校、小学校等の教員に適する学力、資格の有無を検定するために行なった試験。
※文部省告示策一八六号‐明治三七年(1904)一一月四日「教員検定試験出願者にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「検定試験」の解説

けんてい‐しけん【検定試験】

特定の資格を与えることの適否を検定するために行われる試験。自動車整備士技能検定規則による試験など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android