高等女学校(読み)こうとうじょがっこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高等女学校
こうとうじょがっこう

第2次世界大戦後の学制改革まで存続していた旧制の女子中等教育機関。小学校 (または国民学校) の6ヵ年の課程を修了後入学し,修業年限は4年または5年で,女子に須要高等普通教育を施す学校であった。男子のための中学校に相当するが,その教育課程は当時の女子教育観に基づき,中学校と性格が異なっていた。 1946年全国で国立3校,公立 1011校,私立 399校,合計 1413校があり,生徒数は 94万 8077であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうとう‐じょがっこう〔カウトウヂヨガクカウ〕【高等女学校】

旧制の女子の中等教育機関。男子の中学校に対応するもので、修業年限は4~5年。本科の上に専攻科高等科の設置も認められた。高女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

高等女学校【こうとうじょがっこう】

1872年学制に基づき開設された東京女学校を端緒とする女子の中等教育機関。1882年には東京女子師範学校(現在のお茶の水女子大学)付設の高等女学校が開かれ,1891年の中学校令改正,1895年の高等女学校規程,1899年高等女学校令制定で女子中等教育機関として確立。入学資格は当初は尋常小学校卒業者(10歳),のちに高等小学校2年修了者(12歳),1908年高等女学校令の改正で,義務教育年限延長に伴い尋常小学校卒業者(12歳)とされた。4年制を基本とし,良妻賢母主義の教育を施した。1910年家政中心の実科高等女学校もでき,1920年には5年制を認め専攻科・高等科を設置。1943年中等学校令により,中学校・実業学校とともに4年制の中等学校として統一。1947年新学制で中学校と高等学校に改組,男女共学が原則になった。
→関連項目女大学高等学校

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうとうじょがっこう【高等女学校】

1891年から1947年まで存続した女子中等教育機関。1882年東京女子師範学校(お茶の水女子大学の前身)付設の高等女学校がその嚆矢(こうし)とされる。同校は,1871年(明治4)文部省設立の共立女学校から東京女学校となり,いったん廃止されたが,東京女子師範学校の英学科,別科,予科等と変遷して付属高等女学校となった。制度上の位置が明確となったのは,91年の中学校令改正により,高等女学校は尋常中学校の程度の〈女子ニ須要ナル高等普通教育〉を授けるところと定められたことによる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうとうじょがっこう【高等女学校】

女子に必要な高等普通教育を授けた旧制の中等学校。修業年限は四年または五年。高女。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高等女学校
こうとうじょがっこう

第二次世界大戦前の女子中等教育機関で、家庭の主婦としての高等普通教育を施すことを目的としていた。一般には、女学校、その生徒を女学生とよんでいた。実科高等女学校もこれに含まれる。1872年(明治5)に開設された官立の東京女学校が女子中等学校の端緒をなすが、その後、82年に東京女子師範学校(現お茶の水女子大学)附属高等女学校が創設され、以後、女子の中等学校は高等女学校の名称を用いることになる。そして、99年に「高等女学校令」が制定され、各府県にその設置を義務づけるに至り、急速に普及した。高等女学校は「中等以上ノ社会ニ於(お)ケル女子」を対象として「須要(すよう)ナル高等普通教育ヲ為(な)ス」(同令1条)ことを目的とし、貞淑温和な婦徳の涵養(かんよう)を中心内容とする良妻賢母主義に基づき、家事、裁縫、芸事中心の女子教育を施した。高等小学校2年修了(12歳)を入学資格として修業年限は4年を基本とし、土地の事情により1年の伸縮を認めた。1910年(明治43)に、主として家政に関する科目を修める実科を置くことを認め、ここに実科高等女学校が成立した。高等女学校は高等普通教育を施すことを目的としたが、家庭の主婦としての生活に力点を置いたため、男子中学校のようにその上の高校、大学へ続く教育機関としての性格をもたず、教育内容も数学、英語などの科目においては中学校よりも低い程度にとどまっていた。
 戦後、学校教育法のもとで、高等女学校の多くは新制の高等学校あるいは女子高等学校に改編された。[津布楽喜代治]
『深谷昌志著『良妻賢母主義の教育』(1981・黎明書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こうとう‐じょがっこう カウトウヂョガクカウ【高等女学校】

〘名〙 旧学制下の女子の中等教育機関。高等普通教育を行なうことを目的とし、明治三二年(一八九九)以降一二歳以上の高等小学校第二学年卒業、または同等以上の学力を有する者を入学資格者とした。修業年限は四年で一か年の伸縮を認めた。大正九年(一九二〇)には国民道徳の養成と婦徳の涵養との目的規定がなされた。また、修業年限二年または三年の高等科、専攻科、補習科が設置できることになった。高女。
※高等女学校令(明治三二年)(1899)一条「高等女学校は女子に須要なる高等普通教育を為すを以て目的とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の高等女学校の言及

【女子教育】より

…しかし自由民権運動抑圧ともからんで政府が強権的国家主義的政策に転じると,女子教育も伝統的儒教主義的女性観をふまえた,性別による天分の差に応じた教育へと変化させられた。 女子の小学校就学率は明治30年代から急速に伸び,このことがまた女子中等教育の発展を促し,高等女学校規程(1895),高等女学校令(1899)によって,男子の中学校とは別に高等女学校を設置した。しかしその教育は,良妻賢母の育成を主目的にし,教育程度も男子中等教育より数段低く,教育内容は婦徳の涵養,家事裁縫の教授などを中心としていた。…

※「高等女学校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高等女学校の関連情報