コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検定論 けんていろんtheory of testing hypothesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

検定論
けんていろん
theory of testing hypothesis

未知の母集団の母数推定のための推測統計学の一手法。正しくは「仮説検定の理論」という。母集団に関する情報をあらかじめ仮説として提出し,母集団から抽出した標本を観察することによって,この仮説が正しいかどうかを判定する。具体的な手続は,(1) 検定しようとする仮説 (検定仮説あるいは帰無仮説) を立て,(2) 仮説を検定するための手段として一定の統計量とこれを検定するときの判定基準 (有意水準あるいは危険率 ) を決め,(3) 標本観察から得た統計量が定められた有意水準に適応するかどうかによって仮説の採否を決定する。この仮説が否定された場合は対立仮説がとられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

検定論の関連キーワードフィッシャー(Ronald Aylmer Fisher)ウォルドピアソン大標本

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android