楠文蔚(読み)くすのき ぶんうつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠文蔚 くすのき-ぶんうつ

1828-1902 幕末-明治時代の儒者。
文政11年生まれ。父は豊後(ぶんご)(大分県)佐伯(さいき)藩医。昌平黌(しょうへいこう)の佐藤一斎,日出(ひじ)藩侍読の米良東嶠(めら-とうきょう)に師事。佐伯で私塾楠塾をひらいて矢野竜渓,藤田茂吉らをそだて,明治12年植松学舎をもうけた。明治35年3月20日死去。75歳。通称は豹蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android