コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠瀬清蔭 くすのせ きよかげ

2件 の用語解説(楠瀬清蔭の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

楠瀬清蔭

土佐藩士(勘定頭)。通称兼太郎・重右衛門・六郎左衛門、名は安信・正信、号に南溟。谷真潮に師事。和歌・画を能くした。寛政2年(1790)歿、48才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠瀬清蔭 くすのせ-きよかげ

1743-1790 江戸時代中期の武士。
寛保(かんぽう)3年生まれ。土佐高知藩士。和漢の学を谷真潮(ましお)に,暦学を川谷薊山(けいざん)にまなび,絵画,砲術にもひいでる。明和3年藩役所筆役。谷をたすけて藩財政の運営に功績をあげ,勘定頭にまでのぼった。寛政2年7月11日死去。48歳。初名は安信または正信。字(あざな)は子樹。通称は六郎左衛門。号は南溟。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

楠瀬清蔭の関連キーワード赤井忠皛植村棋園小出大助佐藤秀周滝信彦土岐頼香成瀬正幸平田左仲古川図書松原素元

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone