コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠瀬清蔭 くすのせ きよかげ

美術人名辞典の解説

楠瀬清蔭

土佐藩士(勘定頭)。通称兼太郎・重右衛門・六郎左衛門、名は安信・正信、号に南溟谷真潮に師事。和歌・画を能くした。寛政2年(1790)歿、48才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠瀬清蔭 くすのせ-きよかげ

1743-1790 江戸時代中期の武士。
寛保(かんぽう)3年生まれ。土佐高知藩士。和漢の学を谷真潮(ましお)に,暦学川谷薊山(けいざん)にまなび,絵画,砲術にもひいでる。明和3年藩役所筆役。谷をたすけて藩財政の運営に功績をあげ,勘定頭にまでのぼった。寛政2年7月11日死去。48歳。初名は安信または正信。字(あざな)は子樹。通称は六郎左衛門。号は南溟。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

楠瀬清蔭の関連キーワード寛保