コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠瓊州 くすのき

美術人名辞典の解説

楠瓊州

日本画家。広島県生。名は善二郎。田中柏陰の門下。京都に出て、服部五老・江上瓊山に師事し南画を学ぶ。富岡鉄斎浦上玉堂を研鑽し、晩年梅原龍三郎や中川一政らの影響も受け、油彩や水彩、南画の融合を試みた。また詩書・篆刻・和歌も能くした。昭和31年(1956)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠瓊州 くすのき-けいしゅう

1892-1956 大正-昭和時代の日本画家。
明治25年2月生まれ。田能村直入門下の服部五老,江上瓊山(けいざん)に文人画をまなぶ。昭和13年から書家の内山雨海の三昧会に参加。富岡鉄斎や浦上玉堂を研究。油絵の技法などもとりいれた。画壇には属さなかった。昭和31年3月24日死去。64歳。広島県出身。本名は善二郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

楠瓊州の関連キーワード楠 瓊州昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android