コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠里亭其楽 なんりてい きらく

2件 の用語解説(楠里亭其楽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠里亭其楽 なんりてい-きらく

1782-1860 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
天明2年生まれ。江戸の人。南仙笑楚満人(なんせんしょう-そまひと)の門にまなぶ。のち大坂の播磨屋(はりまや)喜兵衛の養子になったという。難波新地三町の町代をつとめる。笠亭(りゅうてい)仙果らと親交があった。万延元年7月11日死去。79歳。姓は小林。名は貞。字(あざな)は高悦。通称は季六。別号に南里亭淇楽,南地亭金楽など。読み本に「復讐誉通箭(ふくしゅうほまれのとおりや)」「打出の浜」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

楠里亭其楽

没年:万延1.7.11(1860.8.27)
生年:天明2(1782)
江戸時代の読本作者。小林氏。名は貞,字は高悦,季(喜)六と称する。江戸の人であり,南仙笑楚満人の門人であったと自称する。文化14(1817)年ごろには大坂へ移り,播磨屋喜兵衛の養子となったらしい。町代の職を勤める一方,『復讐誉通箭』(1818),『曩小説打出浜』(1818)を初めとする読本や,実用書の類を執筆した。交友関係は幅広く,特に笠亭仙果とは親しかった。読本の著述としては他に『忠孝二見浦』(1830~31)などが知られている。<参考文献>長友千代治「楠里亭其楽年譜」(『近世大阪芸文叢談』)

(樫澤葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楠里亭其楽の関連キーワード秋里籬島曲亭馬琴滝沢琴嶺前田義子絵入り読本高井蘭山話説座付作者小林粛翁小枝繁

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone