コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南仙笑楚満人 なんせんしょう そまひと

5件 の用語解説(南仙笑楚満人の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

南仙笑楚満人

通称楠彦太郎。鞘職。文才ありて敵討物の草双紙数部を著す。文化4年(1807)歿、59才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南仙笑楚満人 なんせんしょう-そまひと

1749-1807 江戸時代中期-後期の戯作(げさく)者。
寛延2年生まれ。江戸の人。寛政7年「敵討(かたきうち)義女英(ぎじょのはなぶさ)」をかいて評判を得る。敵討物黄表紙の作者として三百余の作品をのこした。本業は書店主とも,板木師,鞘(さや)師ともいう。文化4年3月9日死去。59歳。姓は楠(くすのき)。通称は彦太郎。別号に杣人,曾満人,志筍坊。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

南仙笑楚満人

没年:文化4.3.9(1807.4.16)
生年:寛延2(1749)
江戸中・後期の戯作者。本名を楠彦太郎という。杣人,曾満人などの別号がある。江戸芝宇田川町住といわれ,家業は医者,板木師,鞘師など諸伝まちまちでよく分からない。天明3(1783)年から黄表紙作者として登場。寛政7(1795)年作『敵討義女英』が寛政の改革後の時流にかない,以降の敵討物流行の端緒となって,没するまで敵討物の合巻に活躍している。作風は類型的で凡庸と評されるものの,作品数は極めて多く,それだけ時好にかなった作者であった。安永7,8(1778,9)の両年に刊行した品川細見『波南能家満』『おみなめし』もおそらくその作と思われ,その家業も類推できよう。

(中野三敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なんせんしょうそまひと【南仙笑楚満人】

1749‐1807(寛延2‐文化4)
江戸後期の戯作者。本名は楠彦太郎。別号志筍坊,杣人,曾満人。本業は鞘師,書店,医師と諸説ある。黄表紙《敵討三味線由来(かたきうちしやみせんゆらい)》(1783)を処女作とし,時流とは異なる滑稽の乏しい作品をもっぱら書いたが,《敵討義女英(ぎじよのはなぶさ)》(1795)は大当りで以後黄表紙はしだいに敵討を主題とする内容のものが多くなった。1803年(享和3)からは毎年10種以上を書いて時流に乗り没年に至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なんせんしょうそまひと【南仙笑楚満人】

1749~1807) 江戸後期の戯作者。本名、楠彦太郎。江戸の人。1795年、黄表紙「敵討義女英かたきうちぎじよのはなぶさ」が好評を博し、黄表紙の敵討ち物全盛のきっかけを作った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の南仙笑楚満人の言及

【人情本】より

…人情本の源流の一つは,式亭三馬,梅暮里谷峨(うめぼりこくが)らが,寛政の改革以降に著した物語性に富む連作洒落本(しやれぼん)に求められるが,それとともに読本(よみほん)を通俗化し,講釈などの話芸をとりいれた中型読本と呼ばれる大衆読み物からの転化が考えられる。前者の系譜を引くのは《娼妓美談(けいせいびだん) 籬の花(まがきのはな)》(1817)など,末期洒落本作者として出発した鼻山人であり,後者の中型読本から市井の男女の情話を描く人情本様式への転回を告げたのは,新内の名作《明烏(あけがらす)》の後日談として書かれた,2世南仙笑楚満人(なんせんしようそまひと)(為永春水)・滝亭鯉丈(りゆうていりじよう)合作《明烏後正夢(のちのまさゆめ)》(1819‐24)と素人作者の写本《江戸紫》を粉本とした十返舎一九の《清談峯初花(せいだんみねのはつはな)》(1819‐21)であった。 《明烏後正夢》で戯作(げさく)文壇に登場した2世楚満人は,その後,狂言作者2世瀬川如皐(じよこう)や筆耕松亭金水(しようていきんすい)らの助力を得て,二十数部の人情本を出版するが,いずれも未熟な習作で世評もかんばしくなかった。…

※「南仙笑楚満人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南仙笑楚満人の関連キーワード平秩東作本阿彌親平戯作者彦太郎・比古太郎桜川文橋桜鯛助住田彦太郎宝田千町手塚兎月放屁論

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone