業務改善命令(読み)ギョウムカイゼンメイレイ

デジタル大辞泉「業務改善命令」の解説

ぎょうむかいぜん‐めいれい〔ゲフムカイゼン‐〕【業務改善命令】

金融庁金融機関に対して行う行政処分の一つ。金融機関の法令違反や、財務内容の悪化などが明らかになったに、改善・再発防止が必要なを指摘し、業務改善計画の提出を求める。銀行法保険業法金融商品取引法等が根拠。違反が重大な場合などは、業務停止命令が併せて下される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android